Help

堀田相模守屋敷(広尾4丁目)

  • 72

Photos: 堀田相模守屋敷(広尾4丁目)

Photos: 堀田相模守屋敷(広尾4丁目) Photos: 祥雲寺(広尾5丁目)一柳家墓所

12.01.25.堀田坂。港区西麻布区界。


mixiアルバム「渋谷区広尾4丁目 ・東3丁目」コピペ――
2012年09月06日 22:24
●広尾12.01.25.――

◎堀田相模守――
堀田佐倉家・佐倉藩堀田家・正俊系堀田家。
堀田宮川家分家。

1、正俊、従五位下・備中守、従四位下、筑前守
正盛3男。
慶安4(1651)年、3代家光の死去に父正盛が殉死。遺領のうち下野国新田1万石を分与され、下総国守谷藩1万3000石の大名となった。
4代家綱時代に順調に昇進。
明暦2(1656)年、稲葉正則娘と結婚。
万治3(1660)年、正則後見にて奏者番となり、上野国安中藩2万石を与えられる。
同年、宗家 正信(長兄。下総国佐倉藩)が改易となるが、連座お咎め無し。
寛文10(1670)年、若年寄。
延宝7(1679)年、老中就任。2万石加増。
延宝8(1680)年、家綱死去。家綱政権にて権勢をもった大老 酒井忠清と対立。継嗣問題で家綱の異母弟 綱吉を推す。綱吉が5代将軍に就任すると、大手門前の忠清邸(雅楽頭家)を与えられた。
天和元(1681)年12月、忠清に代わって大老に任じられる。
のち、牧野成貞と共に「天和の治」と呼ばれる政治を執り行い、特に財政面において大きな成果を上げた。

貞享元(1684)年8月28日、従叔父で若年寄の美濃国青野藩 稲葉正休に江戸城内で刺される。
(従叔父――祖父が兄弟。義父 正則の父は正成次男の正勝。正休の父は正成10男 正吉。)
医師に手当をされた後、重体のまま自邸に運ばれ、息を引き取った。享年51。幕府の記録には発狂のためと記されているが、事件は様々な憶測を呼んだ。
大坂淀川の治水事業に関する意見対立、
正休もその場で殺害されている、
将軍綱吉の関与――
正俊が暗殺される直前に生類憐れみの令発布を表明、正俊はこれに反対している、
正俊は綱吉を将軍に就任させた功績があり、大きな発言力を持っていた(推測)ため、両者の間に溝が生まれた、
この事件以降、綱吉は奥御殿で政務を執るようになった――
(これにより、老中との距離が生じた。こうして、両者を連絡する柳沢吉保・牧野成貞ら側用人が力を持つこととなる。)
家督は長男の正仲への相続が許されるが、屋敷地や所領は移転された。

2、正仲、従五位下・下総守、従四位下
3、正虎、従五位下・伊豆守、従四位下
4、正春、従五位下・相模守、従四位下・内記
5、正亮(まさすけ)、従五位下・相模守、従四位下、侍従
6、正順(まさなり)、従五位下・相模守、従四位下、侍従、大蔵大輔、
7、正時、従五位下・相模守、
8、正愛、従五位下・相模守、
9、正睦(まさよし)、従五位下・相模守、従四位下、備中守、侍従、贈従三位
10、正倫、従五位下・相模守

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.