Help

Nov12#最愛第5話映画の様な最終話の様なエンディングに日本列島号泣(TT)空。キャスト演技スタッフオリジナル脚本演出ロケ4ヶ所カメラ他全てが本気で作られた近年ドラマで最高峰吉高由里子松下洸平代表作

  • 1
  • 53

Photos: Nov12#最愛第5話映画の様な最終話の様なエンディングに日本列島号泣(TT)空。キャスト演技スタッフオリジナル脚本演出ロケ4ヶ所カメラ他全てが本気で作られた近年ドラマで最高峰吉高由里子松下洸平代表作

Photos: Nov12#最愛第5話映画の様な最終話の様なエンディングに日本列島号泣(TT)「それぞれの “最愛” という感情がたかぶり、そしてすれ違ってしまった」「繊細な演出、丁寧な伏線考察しながら今クール最高」 Photos: 5 Nov,2021_17:59吉高由里子Tweet:1week early, Everyday 3,4min early all alone(TT)早い1週間2,3h撮影が放送3,4分(何でもそう…

お久しぶりです。日々死と殺しへの最愛情は憎しみからで、TV改造計画が本格化したのも、この“近年稀に見る、最高峰全てが本気で昔はよくあった日本を駆け回るロケだらけ岐阜・東京・富山・埼玉、見事な脚本ラブサスペンス。映画になりえるほど素晴らしいドラマ。吉高由里子・松下洸平他、代表作出世作転機となるドラマで間違いない。2人が似合いすぎて結婚も吉高由里子大好きとして歯がゆいが…しょうがない許せるほどお似合いで愛おしい2人がこのドラマに居る"

軽い若い浅いまともなロケもない深みもないイケメン恋愛ドラマでは天地がひっくり返ってもできない上質ドラマ。ここ数年で最高なのは間違いない。決して爆笑ドラマではない切ない哀しい運命のドラマではあるが、決して暗いだけにさせないラブ純愛“最愛"が支えている。

個人的に観るドラマにおける重要な要素の1つに“キャストたちのバランスの良い老若男女が居ること“。若いだけでは締まりがなくつまらない。年寄りだけだと重苦しい。いろんな年代がMixされてるのがNo1です。これで言うなら、吉高由里子と松下洸平を主軸に、弟のジャニーズばりな少年、不気味っチー、殺害された息子の父親の老いた必死さ、父親の光石研。
吉高由里子だけで最高なんてバカが言うてるわけないです。下手な“田中みな実“だけ汚点で悔しい。
吉高由里子は等身大のチャラい女子役より、こういう影を背負う人だからとても似合う。これで転機になるでしょう。
スタッフらの全ての作りも映画のように繊細で緻密でカラクリの妙。“ドラマのTBS“本気回帰した。

繊細な演出、丁寧な伏線考察しながら何度も楽しめる今クール最高のドラマは「最愛」!2021.11.18
「ドラマがあれば生きていける
…登場人物の瞬きさえも見逃したくないこのドラマ。
静かなように見えて激しく感情があふれ出るシーンは「手」と「指先」がとても印象的です。顔や言葉よりも感情を雄弁に語るそれらは、本当に美しい。
…あと、スローモーションの使い方、ずる過ぎませんか。止まらなくなるので書くシーンは一つだけにしておきますが、何より優が移送されていくところ……! スローになったことで、梨央が優だけを見ていて(引き留める大輝のことが1ミリも目に映っていない!)、大輝はずっと梨央のことを見ている“目線の合わなさ”が、より切なさを際立てていました。
目に焼き付くように魅せてくる演出で伝わってくる溢れる感情……ハァ、最高です◎!」
https://crea.bunshun.jp/articles/-/33629

吉高由里子『最愛』真犯人の殺害動機に隠された “最愛” の相手は誰なのか?2021.11.19
「それぞれの “最愛” という感情がたかぶり、そしてすれ違ってしまった先週放送の『最愛』(TBS系)第5話。事件の真犯人は不明なままだが、真犯人の動機もまた、“最愛” の人のためなのではないだろうか?
…■吉高由里子や松下洸平らの “最愛” が交錯する
梨央と優の父はすでに亡くなっているが、父は、15年前にパソコンに残した動画で「9月21日深夜、渡辺康介さんを殺しました」と殺人を自白している。だが、それはもみ合っているうちに鉄杭で渡辺を刺してしまった優をかばうための嘘。父の息子に対する “最愛” の行動だ。
 動画を観た優は「お父さん嘘ついとる! 刺したのは俺や!」と主張する。父の大きな愛を感じつつ汚名を着せることはできないと考え、同時に大好きな姉にこれ以上迷惑をかけたくないという、これまた “最愛” からの行動。
 容疑者である優の身柄を確保しなければならなかった大輝は、「俺はお前と姉ちゃんが好きやった。2人が困ったら、いつでも駆けつけるって思っとった」と梨央と優に語りかける。刑事としての立場を忘れ、昔に戻ったかのように方言で話す大輝も、“最愛” の念に満ちていた。
 梨央は優の記憶障害を治すため、ストイックに新薬の開発を続けてきたため、「優を連れていかんで」「優のために薬作ったやよ。幸せになってほしくて!」と取り乱してしまう。言うまでもなく、弟への “最愛” の気持ちゆえの切ない感情の吐露だった。
 こうして父、優、大輝、梨央の4人の行動は、それぞれを “最愛” と思うがゆえに、すれ違ってしまった。これは切ない。当たり前と言えば当たり前だが、タイトルが『最愛』なだけに、本作は “最愛” が重要なキーワードとなっているわけだ。…」
https://smart-flash.jp/entame/163854/

吉高由里子 ツイート 11.13
「5話観ていただき
ありがとうございます
公式さん鬼なの
あのパソコンシーンからの
ラストシーン撮って
一日中ボロボロなったあとに
はい!
公式写真撮りまーす
って
えっ?まじ?今ぁ?
ってなったの
でも大ちゃんと梨央は
いうこと聞くしかないの
だからここで小言もらすの
いいよね」
『TBS系 金曜ドラマ 最愛 オリジナル・サウンドトラック』
https://twitter.com/y4uk/status/1462085839500967937

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.